Welcome to my blog

腰上チェック

しぞ~か

-
数年前のオーバーホール後、エンジントラブルは無く順調のRZ。ここらで腰上のチェックをしときます。


まぁ面倒くさがり屋の自分が壊れてもいないのにチェックなんかするわけがないですよね(笑)


実はずっと気になっていたんですがオーバーホール時クランクケースのスタッドボルトは全交換のつもりで1回外しました。しかし予想より値段が高く錆が酷いの以外は結局再利用。


最初全交換のつもりでいただけにやや強引に外したのもあり再利用したボルトの内1本が曲がっていたんです。


シリンダーがスムーズに入っていかない。ヘッドボルトを締める時もボルトがセンターに来てないので強引にやらないと締まらない。


えぇ気づいていましたとも(笑) 

気づいていた上でその時そのまま組みました!


結果不具合も無く問題は無かったんですがずっと心の奥に引っかかっていたんですよ。


ということで実行しました。



左手前のスタッドボルトを新品に交換します。


ダブルナットで外しました。







何円か忘れたけど結構高いんですよね~。


一応シリンダー内もチェック。






錆だかピストンの当たりがキツイのか茶色くザラザラしてる部分がありました。右シリンダーも外して確認したけど右は綺麗なまま。やはりきっちりボルトがセンターに来てなかったのでシリンダーに無理な力が加わりピストンとのクリアランスにも影響がでてたんでしょうかね?状態はよくわかりませんがとりあえずペーパーで慣らしておきました。


そしてピストンリングをギュっと縮めてシリンダーを戻しますがやはり左シリンダーがスムーズにおりません。気のせいだと言い聞かせてヘッドを組みヘッドボルトを回す。あぁ1本だけヘッドボルトが締まっていかない。スタッドボルトが曲がっている証拠だ。


どうやら曲がってるボルトは別の位置だったようです(笑)


ちなみに目視ではほとんど曲がりはわからないんですが長いボルトだから上の方にくると少しの曲がりでも影響が大きいのかと思います。


そして間違って外したスタッドボルトを今回ヘッドボルトが締まっていかない後ろ内側のスタッドボルトと交換。


今度はシリンダーもスムーズに入りヘッドボルトも全て問題無く締まりました。


少し試乗しても異常はありませんでした!


疲れました。これでしばらくバイクいじりしなくて済みます。暑い日にバイクいじりなんてとんでもないですから(笑)


今月の残りの休みは家で何もせずダラダラ過ごしたいです。

関連記事