Welcome to my blog

ハンドル切れ角変更

しぞ~か

-
今日も休みです。もうすでに明日の仕事は、よぎっています(笑) 昨日RZに乗って改めて感じた切れ角の無さ。普通の右折左折でさえコケそうになる時がありました。自分の運転がどんどんヘタになってるのは否定しませんが普通に曲がるのに苦労するほどヘタにはなってないはず。

SRのステムの時もセパハンでハンドルストッパー使ってましたが同じような絞り位置でもここまで切れ角が少なく無かったんでオフセット量とかの違いなんですかね?

ってことで調整します。自分のRZは現在FZR250R(3LN)のステム、トップブリッジ、ハンドルを流用してます。タンクとか全然違いますのでそのままハンドル切ると当然タンクに当たるのでハンドルストッパーを使用してるわけです。


とりあえずストッパーを外してハンドルを切っても当たらない位置まで開いてみました。ノーマル状態だとセパハンの開き位置も固定されてるので赤丸のボルトも外します。

001_2020011514503781f.jpg

試したらもう完全に真横になるまで開かないとタンクに当たってしまいます。とりあえずハンドルストッパーは使用しないとダメですね。


ならばストッパーを削る。

002_20200115145039daf.jpg

ストッパーもNSR50用ですので普通に考えれば調整が必要なんでしょうがノーマルのハンドルの固定位置をメインに考えるとそのままでちょうど良かったんですよね。


付けたり外したりするのは面倒なんで勘で削りました。削ったストッパーを使用してギリギリタンクに当たらない位置にしたのが右側。ノーマルの固定位置が左です。

003_20200115145040d86.jpg

まぁ見た目的にはもっと絞りたいけど安全第一ということで。


そして左側も調整して完成。

004_2020011514504136c.jpg

でも開きを固定するためにノーマルハンドルにしてたんで固定しないなら社外セパハンにしたいところです。38パイって少ないんでマグラとかサンセイは中々オクに出てこないんですよね。他に新品だとバトルファクトリーあたりかな。

関連記事