Welcome to my blog

世界のRZ

しぞ~か

まだ届いてないけどイギリスからRZの小物パーツを購入しました。でその時、逆車について久々に調べてるうちにハートに再び火が付いたので忘れないうちに少しまとめておきます。


長いしわかりにくいのでRZマニア以外は途中で嫌になると思います(笑)


RZの逆車って情報が少ないんですよ。ヤフオクに逆車RZが出品されてるんですがそれを見つけた時も少しパーツが変わってるけど昔ミスターバイクBGの広告に出てた今は無きRZ専門店「ランナー」の逆車RZということが説明文を見なくても認識できちゃうレベルですもん。GS400とかヨンフォアとかは輸出仕様と国内仕様を比較してるのをネットで見たことありますがRZでは見たこと無いです。外国のサイトだとそれに近いのがあったのでかなり参考になりましたが。 

RZに乗って16年ですが自分のが逆車じゃなかったら雑誌やネット上の情報も流し見位で積極的に知ろうとしたり調べることも無かったと思います。もしかしたらRZ新車世代の方とかなら常識的なこともあるのかもしれませんが自分のようなRZ絶版車世代だと調べないとわからない情報がほとんどでした。そして自分もバカなので間違ってることもあると思いますんで今後の為にそこは優しくそしてギンギラギンにさりげなく指摘してください。新たな情報があれば訂正、追加をしていきます。

まず型式。日本でRZ250といえば4L3というのは言うまでもありませんね。ですがフランス、イギリスだと4L1。ドイツは4L2(刻印は4L1)。オーストラリア、ニュージーランドは5E1。車種名もRZ250では無くてフランス、イギリスはRD250LC。オーストラリア、ニュージーランドは81年式がRD250H、82年式がRD250J。でもオーストラリア、ニュージーランドは広告によってはRD250LCだったりRD250だったりするので少し謎が残りますね。そしてこれら以外の国にも当然輸出されてると思いますがどの型式がどこへとかはわからないです。ちなみにドイツ仕様だけ27馬力(他は35馬力) 

あとわからないのがRZの本に西ドイツ仕様ってのが出ていてフレームナンバーからだと純ドイツ仕様では無くフランス、イギリスと同じヨーロッパ仕様の方に当てはまります。時代的にベルリンの壁的な物で西ドイツにはドイツ仕様では無くヨーロッパ仕様がいってたんですかね?う~ん謎だ・・・。


他に自分はRZ-Rにはそこまで詳しくないのですがそこも絡むとさらにわけがわからなくなります(笑) 日本でいう29Lはフィンランド、スイス、イタリアだとRD250LCで31L。オーストラリア、ニュージーランドは車種名RZ250KとRZ250Lで型式が34J。日本の1ARになるとオーストラリアは型式1GAですが車種名は日本と同じRZ250Rになるようです。でも日本の1XGになるとオーストラリア、ニュージーランドはRZ250Fで1XH。他にもあるでしょうけどもういいや(笑)

RD250の呼び名だと空冷のもあるしLCだと初期型もRもあるしもうごちゃごちゃですよ(笑) その辺を理解してるのかRだとYPVSまで書いてあることが多い感じですね。

そして古くからのお知り合いは自分のRZが逆車ベースということはご存じかと思います。フレームナンバーから82年のヨーロッパ仕様ということも判明してます。なぜ完全なる逆車では無く逆車ベースなのかというと逆車4L1エンジンから国内4L3エンジンに載せ換えてしまったから(登録変更済み)

その辺の理由とか作業の様子は過去記事にありますが簡単に言えば今後もRZに乗り続けやすいようにする為。


購入当初のことも過去記事にある程度書いてますがその間に新たな知った情報とかもあったりするんで重複する部分もありますが書きます(笑) ブログを始める前のことなんで写真とかは無いのですがパッと見は完全なるフルノーマルでの購入なのでヨーロッパ仕様の特徴はだいたい把握しています。エンジン以外だとミラー、長いリアフェンダー、ウインカーステー溶接一体型のリアフレーム、オートリターン式サイドスタンド。速度警告灯の文字無しメーターカバー(当然警告灯も無し) 。200キロメーター。シートの表皮。シートベルト無し。別体式ハンドルロック 。ウインカープッシュキャンセル。タイヤがチューブ仕様。


サイドスタンド国内パーツリスト。

IMG_E5991_convert_20201012083350.jpg

続いてサイドスタンド海外。赤丸が別部品です。

IMG_E5989_convert_20201012083313.jpg

ピボットボルトを変えるかボルトの先っぽを切って太いスプリングとリンクを外せば国内と同じになります。自分は購入してすぐ変更しました。



あとウインカーリレーが3ピン。他に速度警告リレーとランプチェッカーが無し。まず海外用パーツリスト。
IMG_E5993_convert_20201012083448.jpg
続いて国内用パーツリスト。

IMG_E5992_convert_20201012083415.jpg



メインハーネスも少し違います。


国内用パーツリスト。

IMG_E5995_convert_20201012083544.jpg




続いて海外用。赤丸が違う部分です。

IMG_E5996_convert_20201012083608.jpg


海外用250メインハーネスの部品番号は4L0~となってます。国内は4L3~。



輸出仕様のミラー。

IMG_E6565_convert_20210218162953.jpg


輸出仕様のリアアームと長いリアフェンダー。

IMG_E6563_convert_20210218162831.jpg


輸出仕様のチューブタイヤ。

IMG_E6564_convert_20210218162917.jpg


また輸出仕様でも国によって多少違うようなのでこれらはあくまでヨーロッパ仕様の特徴になります。

あと気になるのが別体式のハンドルロックで車種別のRZの本の記事だと別体式ハンドルロックは超初期ロットの特徴みたいな感じになってますがその写真をよく見ると自分のと同じような位置に逆車の特徴であるリベット留めのMFDプレートらしき物が見えるんですよね。なのでもしかしたらただの輸出仕様かもしれません。

その後に発売された別のRZ本の超初期記事には別対式ハンドルロックのことが書いてないのを見るとますますそんな気がします(笑)

とりあえず国内超初期フレームをちゃんと見たことが無いので詳しくはわかりませんが超初期フレームで検索した結果の画像には別体式ハンドルロックは付いていませんでした。かといってヨーロッパ仕様の超初期の特徴かといえば自分のRZ(RD)は後期型になるので別体式ハンドルロックは超初期の特徴では無くあくまでヨーロッパ仕様車の特徴ということになりますね。

最初はヨーロッパ仕様のフレームと超初期フレームって一緒なのかなと思いましたが超初期の他の特徴で振動防止ダンパーの取り受け場所が無いというのがあります。ですがヨーロッパ仕様にはそれがあります。なので違うフレームのようです。むしろダンパー自体も最初から付いてます。

IMG_E6562_convert_20210218162749.jpg


超初期の話が出たところでマフラー。超初期はシリンダーに付く部分のエキパイの内径が太いというの実寸してるブログを見たことがあります。そしてヨーロッパ仕様のマフラー(250、350共通)も超初期と同じらしいので確認したいのですが倉庫から出すのが面倒なので保留中(笑)※追記あり


長々と語りました。ここまで全部読んだ人は凄いと思います(笑)


あと気づいてる人もいるかもしれませんがサービスマニュアルのケーブル通し図の車体が何気に輸出仕様。まず教科書の145ページを開いてください。リアウインカーステーの位置がおかしいですね。次146ページ。ハンドルスイッチリード線の近くに別体式ハンドルロックありますね。はい、ここテストに出ますのでしっかり覚えといてください。

しかしこれだけ調べてもまだまだ謎だらけです。今後も我々調査員はこの謎を解明すべく調査を続けたいと思う。それには君たちの力が必要だということも付け加えておこう。


個人的に写真の無いブログが嫌なんで適当な画像を張り付けておきます。

4L1whiteblue_convert_20200906094206_2020091113405527e.jpg

上のゴロワ、国内では350ですが海外だと250がありますね。そしてシート、ミラー、リアフェンダー、リアウインカーの位置なんかの違いが国内RZ乗りの方ならわかると思います。


ここで終わります。


※追記

マフラーの内径も確認してみました。

36mmでした。超初期37mm、マイナーチェンジ後が33mmなので固着してるカーボンをちゃんと落としたら37mmかな? またフランジの厚さも違うというのを確認された方のブログを見ていて超初期はフランジが薄いそうです。なのでそれを確認。こうしてヨーロッパ仕様のマフラーと超初期のマフラーは同じということが確定されました。

あとそのブログではシリンダーの排気ポートの違いも書かれてまして超初期35mm、マイナーチェンジ後33mmだそうです。これはまぁチャンバー外した時覚えていれば確認って感じですかね。自分のはエンジンを国内仕様に載せ替えていますがシリンダーは車両購入当初のままのヨーロッパ仕様の物です。

まぁ最初に腰上ばらした時の感じだとノンオーバーホールだと思われますしあとスタッドボルトも超初期はフランジの薄さに合わせて少し短いとのこと。自分のは購入時からスタッドボルトが1本だけ違うのに交換されておりそれが純正じゃないボルトなのが気に入らなくて純正スタッドボルトを注文したのですが届いたボルトが長くて交換を辞めたことがあります。それを考えるとシリンダーも超初期と同じというのがほぼ確定ですね。


ってことは自分は貴重なピーキー対策?される前の超初期型RZの走りを体感してたわけなんですよ!

今度こそ終わります(笑)

関連記事

Comments 10

There are no comments yet.
M氏  

こんばんは

奥が深いです
掘り下げると掘り下げただけの内容が ですね
自分が乗ってた時は現役で新車売ってたので何も考えずに でした(笑)
ただただ へぇ~ ですよ

2020/09/11 (Fri) 18:57 | EDIT | REPLY |   
★Kan★  
おぉ~

輸出仕様色々あるんですね😲
まったくもって知りませんでしたf(^_^;
おいらのRZ人生はガキの頃に無知状態で7万で買ったRZからはじまって…二台乗り継ぎ一度降り…リターンはKOIWAあに~からRZの外装と小物を貰ったことで再燃しコツコツ中古部品集めて組み上げた寄せ集め車両なので仕様とか全然わかりましぇ~ん(笑)
おいらも先日、米、英より部品が来て大体部品が揃ったのでリニューアルしようと思ってます🎵

2020/09/12 (Sat) 07:07 | EDIT | REPLY |   
週末は草レーサーvol.2  

謎だらけのRZですね〜
次回の情報も楽しみにしてます!

2020/09/12 (Sat) 10:43 | EDIT | REPLY |   
しぞ~か
しぞ~か  
To M氏さん

ほんとですね。多分他の車両でもいろいろあったりするんでしょうけどこうやってみるとなかなかの情報量ですよね(笑) でも自分なんか80年代のバイクが特に好きなのでその時代の新車を体感された方々をうらやましく感じます。

2020/09/12 (Sat) 12:16 | EDIT | REPLY |   
しぞ~か
しぞ~か  
To ★Kan★さん

中々すごい情報量ですよね。7万とはうらやましい!7万だと今やフレームすら厳しい感じですよね(笑) 自分の時は今と比べれば全然マシですが古い中古車で元の新車価格とかを考えたらそれなりの値段でした。

リニューアル楽しみにしてますよ!

2020/09/12 (Sat) 12:24 | EDIT | REPLY |   
しぞ~か
しぞ~か  
To 週末は草レーサーvol.2さん

真実はいつもひとつ!を合言葉に今後も頑張ります。気になりだすと徹底的に調べたくなるのですがそれを勉強に生かせなかったことが悔しいです(笑)

そして早速追記しました!

2020/09/12 (Sat) 12:27 | EDIT | REPLY |   
週末は草レーサーvol.2  

追加、見ました。
しぞ〜かさんのRZに乗ってみたいです。
いつか会える事があったら試乗させて下さい。
その時は私のRZ-Rにも試乗して下さいね!

2020/09/13 (Sun) 16:40 | EDIT | REPLY |   
しぞ~か
しぞ〜か  
To 週末は草レーサーvol.2さん

購入当初はRZという一括りでしか考えてなかったのでここまで細かい違いがあるとは思いませんでしたよ。せっかく超初期状態が体感できるのなら完全ノーマルの状態で乗っていただきたいところですよ。

2020/09/14 (Mon) 09:07 | EDIT | REPLY |   
vw6700  

勉強になります。
丸ミラーは純正だったんだ~!

2020/09/14 (Mon) 12:52 | EDIT | REPLY |   
しぞ~か
しぞ〜か  
To vw6700さん

同時に見比べるとわかるけど別々に見ると微妙にわかり難い違いがあったりするんですよね〜。

2020/09/14 (Mon) 15:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply