Welcome to my blog

別体式ハンドルロックの穴開け

しぞ~か

-
さてさてさ~て、今日明日と連休です。気持ち的にも体力的にも今なら何でもできそうな気がするということでRZいじりします!

去年なのか一昨年なのか忘れましたがフロント周りをFZR250からジールにかえたわけですが自分のRZは1100カタナとかと同じような別体式ハンドルロックなのでステムを交換するとまた穴開けが必要になるわけです。

足回り交換ついでにやる方が効率は良いんでしょうが自分はとにかく位置調整しての穴開けが凄く苦手なのです。何かのついでに作業しようもんなら確実に失敗するはずなので放置してました。だが今ならいける気がする(笑)


ちなみに以前やったFZR250の足回り時代の加工


そんな感じでやります。ホイール、フォークなどどんどん外していきます。

IMG_6612.jpg

相変わらずの雑な作業で明らかにハーネスに負荷がかかってますね。 そしてここでなかなかのバカっぷりを発揮しました。ステムを外そうとしたら外れないので何かに引っかかってるのかな?と覗き込んだりしましたがフロントスタンド使ってたら外れるわけありませんね(笑)


ということでチャンバー外してジャッキに変更。

IMG_6613.jpg

フォーク外したついでに一応フォークオイル確認しましたがまだ赤かったんで交換しません。


ハンドルロックはこんな感じ。ハンドルを右に切って鍵(青丸)を差しステムシャフトの穴の位置で押し込むとピン(赤丸)がステムシャフトの穴に入り鍵を回すとその状態で固定されるわけです。

IMG_6614.jpg



ということで位置決めして穴開けします。

IMG_6617.jpg

本来は長穴ですがキレイに加工するのが大変なので普通の丸穴でいきます。位置決めですが1番確実なのはキーシリンダーを抜いてそこからドリルを突っ込んでの穴開けだと思います(カタナでやってる人がいた)。でも自分じゃフレーム部分もガンガン削ってしまいそうなんで覗き込んでおおよその位置を見てあとは勘でいきます!(そういうとこがダメなんだとわかってるんですが)


ピンの太さも正確にはよくわからないのですが4mmで下穴を開けた後にまず8mm。組んでみるも入らない。そして0.5mmずつ大きくして10mmで入った。でも左右に少し動く・・・ってことは穴が小さかったわけでは無く位置がずれていたかピン自体が真円じゃなかったということですね(笑) しかも右いっぱいにハンドルをきってロックさせるはずなのに真っ直ぐからむしろ左寄りというズレっぷり(笑)

IMG_6621.jpg

IMG_6620.jpg

右に切ってロックだとサイドスタンドの長さによっては右に倒れそうな感じになるので元々は左の方が良いとは思ってましたが左にガッツリ切ると鍵がさせないんですよね。


左なら今回位でギリギリかなと思います。

IMG_6622.jpg

これでも鍵の抜き差しが結構大変なので真っ直ぐな状態で抜き差しするのが良さそうです。結局、前回同様に今回も位置決めに失敗したわけですよ(笑) ですがとりあえず最低限ハンドルをロックできるようになったので短時間のトイレ休憩位はディスクロック無しでも行けそうです。

関連記事